春うらら
トップページ »  » 8番目の妹

8番目の妹

B0000CAOKG.09.LZZZZZZZ.jpg
5月で月の大殺界が終わり、木曜日で日の大殺界もようやく抜けたので、6月3日はきっといいことがあるはずと大いに期待していた。

予感的中。
母と叔父から電話があった。
従兄弟が金沢へ嫁入りすることになったので、従兄弟頭の私にもぜひ出席して欲しいとのこと。
せっかく金沢まで出てくるのだからと、母たちは金沢で2泊するらしい。
私は近いので1泊かと思っていたら、私にもどーぞどーぞ2泊してくださいと言ってもらえた

同じ場所へ何度も行くより違う場所へ行きたいと思っている私なのに、金沢には過去3度訪れている。
これで4度目の金沢。
当然、ビジネスホテルではないだろう(ビジネスホテルだったりして(笑))
楽しみだなぁ・・・

服も従兄弟代表なので留袖は着ないつもり。
ちょうど、バイト先の会社が4月にリサイクルショップをオープンしていて、毎日大量の不用品が持ち込まれている。
着物からウェディングドレスまである。
「レンタル衣装より断然お得よ! なんかいいのがあったら取っておいたげるね」と言ってくれた。
たぶん、数百円で手に入るはず(爆)
どんなドレスにしようかなぁ・・・(笑)
せめて靴ぐらいは新調しようかな。。。

「金沢は名古屋よりさらに派手なのよ~~」

「うーー。そ・そーなんですか?^^;」

奥さんは派手なデザインが好き。
この派手な奥さんが見繕って持って来てくれるドレスは、きっと派手なデザインだろう。
でもセンスは抜群! 怖いけど、密かにちょっと楽しみ(笑)

母は7人兄弟の一番上で早婚だったので、叔父たちとは年が近いので私は叔父たちのことを「おじさん」とは呼ばない。
すべて「○○兄ちゃん」と呼んでいる。
従兄弟たちとは随分と交流がないので、これだけご無沙汰していたら本来結婚式には呼ばないと思うのだけど、私はどうも「8番目の妹」という意識らしい。
ここ数年、私が出席しているのは、従兄弟の結婚式ばかり。
私の甥や姪はまだまだみんな学生なので、結婚式とはほど遠く、オットの田舎はとても保守的で結婚式の招待はいつも男衆だけ。私は呼ばれたことがない。

いっつも両親に「お姉ちゃんなんだから」と言われてきたので、「8番目の妹」の位置は私にとってすごく心地いい。

「しっかりしなきゃ!」「甘えちゃいけない!」と両親の前でしっかりものの長女を演じてばかりいると疲れてしまう。
「8番目の妹」の時は、本能のまま。
甘えてわがまま言って言いたいことなんでも言って、我慢とは無縁(笑)

そうして私は小さい頃からバランスを保って来たんだろうな。
私の事を「スピッツ」のように小心者だと称する人もいれば、なんでもずばずばキツイ事を言うとてもはっきりした人間だと称する人もいる。

こんな風に両極端な見方をされてしまう理由がなんとなくわかって来たような気がする。

by   at 08:57
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

トラックバックはありません

コメント
  1. 金沢かぁ。
    いまいるんだよねー。ポムじいが。
    でも、金沢のもう少し能登半島よりだけど、
    いちお、温泉のあるとこにいるんだって。

    私は、社員旅行で一回行きました~。
    どこ行っても、甘えびが出てきたのには参りましたけど(笑)
    おいしいものいっぱい食べてゆっくりしてきてね~♪

    by same  2005年06月05日 19:51
  2. さめちゃん
    え? どこ行っても甘えびが出て来た??
    あんまり覚えがないなぁ・・・
    甘エビ好きだから気にならなかったのかな(笑)
    おいしいお寿司いっぱい食べて来ようっと♪

    by Tori。  2005年06月06日 08:14
コメントを書く




保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)