腰痛とおふとん

seiatu.jpgもうずっと前から朝起きると腰が痛くて、最近特に多くなって来た。

6月ぐらいに

「みんなの家庭の医学」

という番組で、腰痛が取り上げられていた。
なんと、腰痛の人の7割から8割の人は寝姿勢が原因だということで、それをチェックする方法を放送していた。

ま、私の場合は何も試さなくても今の綿布団はもう10年位使っていたので(^_^;)、100%敷布団が原因だろうと思っていたわけで・・・


でも、確かにバスタオルを言われた通り巻いて寝て見たら、うそみたいに翌朝腰が楽だったんです!それでしばらくはバスタオルを巻いて寝ていましたが、7月ぐらいから猛暑でとてもやってられなくなりまして。

打ち直しか買い替えをしなくちゃと思ってはいたのですが、なんせ先立つものはないわ、ふとんだけは妥協して安いのを買いたくないわで見て見ぬフリしてきたけどさすがにもう限界。
朝起きた時の腰痛の頻度が高くなって来たし、もうローンでもなんでもいいから買おうと・・・

思い立ったわけです。

そこで本日飲み会に行く前にちょうどおふとん屋さんがあるので、試し寝をして来ようと。

まず、マニフレックスの高反発布団。
非常に寝心地良く、腰の隙間も出ず、もうこれに決めてしまおうと本気で思った位、良かったです。
でも、問題は耐久年数。
メーカー保証は3年。良くても5年ぐらいまでだろうと。。。
うーーん。ふとんを3~5年置きに買い替えるのはちょっと・・・

で、お次は、西川のAir。これはワタセでも売っているので好都合。
最高峰の「整圧」の廉価版という位置づけでもあるので、意気揚々と寝てみた。寝心地もまぁまぁ。耐久年数は5年の保証。ビミョー。
そして、三つ折りできない。。。
ベッドで使うならこれもありだったけど、私はふとんで押し入れに入れるのが大変だから×

そしたら店員さんが、三つ折りのマニフレックス商品を出して来てくれて、寝転んでみた。まぁ、値段がほとんど同じだから寝心地はどれも似たり寄ったりでさほど感激しなくなってきて(^_^;)

でも三つ折りできるのは、ふとんの上げ下げに扱いやすいという利点と、もうひとつ。入れ替えができるという点が非常に魅力的。

真ん中のへたりが早くなるので枕元部分と足元部分のマットレスを入れ替えて使えば、耐用年数は長くなるとのこと。10年ぐらいって言われたかな??
でも、1枚でも使えるというだけあって分厚く、上げ下ろしはとても大変そう。

で、私は今、ドクターセラの上に綿布団を敷いていると言ったら、ドクターセラの上に敷くベストなふとんは、「ムートン」です!
という事でムートンも試してみる事に、、、
いや、でも暑いでしょう~。普通に・・・
でも店員さん達は暑くないと言う。
試し寝してみても、、、いや、やっぱ暑いです(笑)
価格も暑いんです。50万ぐらいのを今なら30万とかなんとか。

ムリです!

でも、30万と言われたら、急に整圧の10万が安く見えて来て(笑)
奥底に眠っていた整圧へのあこがれがムクムクと・・
そして、寝てみた・・・

うーーん。やっぱ整圧ですね。ほかの3つがかすんで見える。
さすがロングセラーの西川の最高峰のおふとんだけのことはある。
寝心地もいいし、三つ折りだし、厚さもほどほど。
それに耐久年数が、マットを入れ替えることで15年ぐらいは使用できると!

ありゃ、じゃ、1年当たりに換算すると一番お値打ちってこと???
15年持ってくれれば、これが終のおふとんという事でもう買わなくてもいいかも!?

結局、整圧と私は運命の赤い糸で繋がっていたのね。。。(笑)
という事で、整圧を買う事にしました。

でも、10万はやっぱり無理なので展示品を安く分けてもらう事でやっと決断。しかもボーナス貰えないのにボーナス一括払い。コツコツと1月までに貯めます(^_^;)

明後日には届きます。わくわく♪
腰痛改善されるといいなぁ・・・・

*ちなみに、西川の「整圧敷布団」はネット販売はされていませんので店頭でお求めください。

PageTop