セオリー

錦織君、負けちゃいましたね・・・残念!
今日は仕事だったけど頑張って起きて応援していましたが、素人の私でも相手がセオリー通りでないプレイだとなんとなく感じていました。私がしっくりくるのは「教科書にないテニス」かな?

修造さんのブログより引用

「想定外テニス、常識外テニス、見たことないテニスを全うした」とペアのプレーをたたえ、「斬新なテニス、訳がわからないテニス、教科書にない テニス、まさにペールゾーンテニス(無我の境地テニス)」と表現。

引用ここまで

比べちゃ悪いけど、まるで十数年ぶりに再開した私のテニスもそう思われてるんだろうなぁ(^_^;)

なんでもそうだとは思うんだけど、テニスは奥深い!
「どうしてあんな所に打つ??」と思う事があってもそれも実は戦略というかセオリーというか。

自分の得意球・決め球を打つために準備してたりするんですよね。

例えば・・・

相手に大きな山なりにしか打てないような球をわざと送り、そして狙った通りの球で相手が返して来たら、スマッシュで決める!みたいな。
スライスかけると見せかけて直球とか。ま、いろいろ。

しかし、今回のペア選手は、
「え?そこー??」

「え?なんでそれ??」

「え?え?え?」

の連続で錦織選手は、狂わされっぱなし。
修造さんもしきりに「圭はやりにくいだろうなぁ」を連発してました。相手が読めないっていうのはやりにくいもんですからね。

来月の有明で行われる試合は、ケーブルテレビで見られるので挽回してくれる事を期待して・・・

  • entry38ツイート
  • Google+

PageTop