小泉今日子書評集

買って良かった。

小泉今日子書評集

普通の書評と違って読みやすい。
あらすじは控えめで、キョンキョンの思いやエピソードなどが添えられていて誰かがレビューで書いていたけど、上質な随筆集という表現がぴったり。久世光彦プロデューサー曰く「読みたくなる書評」に異議なし。

私も最近は、読んだらなるべく読書メーターにレビューを書くようにしているのだけれど、意外と難しい。

更にキョンキョンの場合は、10年間毎週1冊の本を読み書評を書く。書くだけではなく編集者のチェックまで入るのだから、さぞかし大変だっただろう。

「もう私はバカだからこれ以上は無理」とキレた事も隠さない。

そりゃ言いたくもなるでしょう。
新聞に載せるのだから編集者のチェックも厳しかったでしょうし、毎週だから締切だってキツイはず。

「小泉今日子書評集」続きを読む

  • entry144ツイート
  • Google+