エステ

私はほんとに鈍感な所があって。
例えば「顔」(笑)

くすみ、くま、むくみ、、、

と言った類のものがよくわからない。
よく首で年齢がわかるというけれど、人様の首には全く興味がない事もあって、人の首見て年を当てるなんて事もできない。
よく気にしている人から見れば私にもいっぱいあるのだそうだが、やっぱり気にしてないからわからないんだろうなと思う。
だから、ノーメークで外歩いても全然平気。
でも、仕事中は社会人としてノーメークはどうかな?という意識はあるので仕方なく、仕事に行くときはメークしているが休みの日となると日焼け止めのみ。

この間のレーザー治療の治験やった時、その前に、また別の機械で半分だけリフトアップのような事を施術して皮膚科医の前で右と左を比べてもらう実験もあった。
施術前に必ず患者さんに施術前の状態と後の状態を比べてもらってくださいというアナウンスがあり、、、

鏡持たされて左と右の違いの感想を言わされたのだけど、先生たちは「あ~すっごい変わるね~」などと口々に言ってたけど、私は「そんなに変わったかなぁ~?」だった。

ま、シミ取りはわかったけど。

エステはもっと若い頃に体験した事があるけど、気持ちはよかったけど、あごがどうの、頬高がどうのと言われてもちっとも変化がわからなくて。

そんなわけで今回もそんなに期待してなかったけど。
ちょっとだけ色白になったかな?という程度。

やっぱり目に見えて効果のわかるマッサージがせいぜいだな~
鈍感な私にエステは向かないと思った。
せいぜい、なぐさみ程度に自宅で思い出したようにやるだけでいいや。

でも、ひとつ驚いたのはリンパマッサージのとき、私が最近甘いものを食べすぎてないかというのを言い当てられた!

ちょうど群ようこさんの「ゆるい生活 」を読み終えたところだったので、ちょっとびっくり。
群さんの場合は、漢方医に驚くほど良く言い当てられていた。
大福を1日数個食べるのが何よりの楽しみにしていたのに、血とか気とかの巡りが悪くなっているのは、甘いものを取りすぎているからと。
水も溜まっているので、どこどこが滞っているとか。
甘いもの食べているから、どこどこが○○だとか。
だから、甘いものを減らしなさいと言われ、甘いものとの戦いの様子が描かれていた。

甘いもの取りすぎているとすぐにわかるらしい。
今日のエステシャンの人もすぐに言い当てた。

お菓子、しばらく当分、食べるのやめないとなぁ・・・

  • entry166ツイート
  • Google+

PageTop