昔の男

becky.jpgこれ、我が家のポータルサイト。
上部の「インターネットに接続」ボタンを経由して利用するんだけども。

ベッキー。
いつまで居座るんだろ。。。

他のCMはサイトから全部消えたのに。

池井戸潤の「鉄の骨」読み終えました。
しかし、空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫) は超えられない・・・
池井戸さんはしばらくお休みする事にしました。
どうしても「空飛ぶタイヤ」を期待してしまうので。
タイヤの前に「鉄の骨」を読んでいれば面白かったと思うんですけど。

それでタイトルの本を(笑)
ちょっとストレート過ぎるタイトルですが、中身はすっごくおもしろかったです。2日で読んじゃいました。TVドラマ化が先だったそうで主演は藤原紀香と大沢たかお。なるほどね。

図書館に返却に行って、ぱっと目に入った。
そういう本って結構、相性が良かったりするので。

おかげで「空飛ぶタイヤ」ロスが少し軽くなりました。


そして、やっと「小泉今日子書評集」から読みたかった本も借りれました。
ほとんどが読みたくなる本ばかりだったけど、図書館になかなかないのです。

三浦しをんさんの木暮荘物語 (祥伝社文庫)

キョンキョンは、この本を読んだ後

「これから何を楽しみに生きていったらいいの?」

と思ったそうです。
あらぬ詮索をされてしまう所が読書記録を公開してしまうの事のデメリットだと思います。

キョンキョンは書評を書くたびに読んだ本のタイトルを見てやはり随分心配された事もあるそうです。私も「最後の家族」とか今回の昔の男 とか、あまり読んだ事を公にはしたくないタイトルです(笑)

でも、最後の家族 (幻冬舎文庫) もほんとにいい本でした。

「寂しいの反対は何?」

この答えが私にとってはとてもキョーレツでした。
気になったら読んでみてね。

↑ キョンキョン風に書いてみた(爆)

  • entry200ツイート
  • Google+

PageTop