悼む人

結局、「金魚姫」は半分位で読むのを止めた。
私と100%相性がいい本ばかりじゃないって事で。読書でテンション下がるって事はその本は今私が読む時期ではないのだ、きっと。

で、お次は「悼む人」 にした。また、「生と死」がテーマの重たい話。 予約した時期は落ち込んでた時かも。
そう思って完読は期待しないで読み始めたが、意外とページが進む。 そして、キョンキョンの書評がまた素晴らしい! ここまで読み込んでくれたら作者冥利に尽きるだろうな。

という事で、下巻も予約した。

そろそろ確定申告も自動車保険の申し込みもしないといけないんだけど、現実逃避ばかりしているな。。。


読書メーターには、私が「読みたい本」や「読みたい本」に登録しているリストから相性の良さそうなユーザーを紹介してくれるサービスがある。「空飛ぶタイヤ」を面白いと思ったユーザーならきっとおもしろい本を読んでるんじゃないかと思って興味深く見てみた。

そして私と相性がいいらしい第3位の人のリストの中に「銀二巻」という本にたどりついた。
どんな本かレビューを読んでいると、この作者の執筆した本に「みをつくし」というシリーズが挙げてあった。

『みを尽くし料理帖』シリーズを全巻堪能して、すっかり高田さんの大ファンとなり手にした一冊。

みたいな記述が結構ある。
次は「銀二巻」か「みをつくし」か?

「みをつくし」が私のツボにはまれば、かなり長く楽しめるな・・・

  • entry216ツイート
  • Google+

PageTop