【雲外蒼天】苦難を乗り越えれば青空が見える

高田 郁 角川春樹事務所 2009-05-15
売り上げランキング : 13583
by ヨメレバ


久々に面白い本でした。
読書メーターでは初の2桁15個のナイスがついた!

時代小説だからどうしてもなじむまでに時間がかかってしまったけれど。
案の定、前半はさほど面白いとは感じなかったのに、主人公がお店を任されるところからグイグイ引き込まれていった。

最近占いに興味があると書いたけれど。
この本にも占いのエピソードが出て来て、びっくり!

「引き寄せた~~~!!」

そして、このエピソードが泣けずはいられなかった。

小さいころ、気立てのいい類まれな美貌の持ち主の幼馴染と一緒に易者から言われた言葉。

主人公は、「雲外蒼天」


主人公はがっかりしていたけれど、いい言葉だなぁと思った。
私も「雲外蒼天」のような人生だからかな。

そして、美人の幼馴染の子は、

「旭日昇天」

と言われたにも関わらず、吉原の花魁となっていた。。。
吉原にいても、本人が幸せと思えば他人が「不幸」だと決めつけるのもいけないのだろうけど。。。

でもこのふたりのやり取りが、とても切なく美しいのだ。
この4文字だけで手紙のやり取りをするところでは、涙が出てしまう。

文章って長いだけじゃダメなのよね。。。(苦笑)

2作目の「花散る雨」も楽しみです。

  • entry271ツイート
  • Google+

PageTop