バッテリーセーバーが消えたので、代わりの策を。

7/26付で書いたポケモンGOの"バッテリーセーバー"
7/31のアップデートの際に消えてしまいました。。。

このアップデートの際も。
ログインしようとしたら規約の画面が出たので、「OK」をタップしたら・・・
なんと生年月日からの入力に!
恐る恐る進めてもキャラクターの選定やらへと進んでしまう。
え?まさか初期化されてしまった??

確かTwitterで誰か何か言ってたなぁと遡ると、ログインしなおせばいいとの事。
でも、再ログインの切り替え方がわからない。
試しにiPad miniにインストールして生年月日も適当につけてたので、またしても適当に入れたら前のIDで入れた\(^o^)/

て事は・・・

生年月日というのは、ただ、未成年かどうかをチェックしてるだけなのかな??

ま、なにはともあれ無事データがあったのを確認したので、iPhone SEの方もアプリを一旦削除して、再インストールしてテキトーな生年月日入れて無事、復活!

ほっ!

こういうアプリのデータって大抵はサーバーに保存していると思うのに、iPhone SEで削除する時、必ず、「データは消えてしまいます」みたいなメッセージが出るから、ドキッとするのよね。。。


バッテリーセーバーの不具合、治してくれるかどうかわかんないけど。

当分は、これを代わりの対策として。。。
iPhone SE自体のバッテリー節約にもなるみたいだしね。

大幅に長持ちする「ポケGO」バッテリー節約術 バッテリーセーバーが消えたなら自分でセーブすればいいじゃない

  • entry369ツイート
  • Google+

PageTop