頭の中を無にする

今日は、久々のテニス。
雨で中止になったり、暑さで不参加だったりで2週間ぶりです。

今日はコーチ付きだったのでコーチに指導を受けるのは2か月ぶり!
なのに・・・

「toriさん!すごくうまくなりましたねぇ~」

と帰る時に言われたのですが、ブランクあったので思いはちょっと複雑。
でも、実は長いブランクの後に、褒められるのは実は今回で3回目。全部違う人。いつもは褒められることなんてほとんどないのに。

1回目は、子どもがまだ小学生の時。
広報部の副部長になってしまって、その頃ワープロ使えるのは私一人。
とてもテニスなんかやってる場合ではなく、私が欠席することはできなかった。

で、仕方なくテニスは1年お休みして久々に復活した時。
コーチに言われました。

「どっかよそでやってました? すっごくうまくなってますね」

と・・・


「いえ~、1年間一度もやってません・・・
私はもしかして練習しない方がいいんでしょうか・・・??」


本気で思いました。

そして2回目は、一昨年脱臼して約8か月ぶりに復活した時。
やっぱり、同じように「どこかでやってた?すっごくうまくなってる」とまた言われたのです。

で、今日が3回目。まぁ、今回は2か月ぶりとブランク期間はぐっと縮まってますが。

練習しない方が上手くプレイできるだなんて。
私はもしかして本当はテニスの才能があったのではないか?
と勘違いしてしまいそうですが(笑)
実はそうではなく。

"物思わざるは仏の稽古"

↑ 最近、これを実践するようになって来て。
もしかして、テニスもこれなのかもしれません。

テニスもしょっちゅうやってると、きっと私はあれこれ頭の中でこねくり回して思いが絡みまくっているのではないかと。
で、久々に参加した時には何も脳に残ってない・・・(笑)
それこそ「無」になってプレイした結果なのではないかと思うのです。
それが証拠に復帰して2回目以降は、元の下手くそに戻ってますから(;^_^A

"物思わざるは仏の稽古"

これほんとに私にはとても良い効果をもたらしていて。
最近は、余計な考えが思い浮かんだらすぐにこの言葉で打ち消すようにしています。

例えば職場なんて全員好きな人・・・なわけがないです。
嫌いだと思っている人でも好きになれるといいけれど、それはもう神の領域。私ごときがいくら修行したところでとても行き着ける境地ではありません。

けれど、その嫌いだと思ってる人のこと・感情・思いなどを打ち消すことならできる。

仕事中、その人に関して嫌な感情が浮かんだらすぐに

"物思わざるは仏の稽古"


と思ってみるとその感情がす~っと一瞬遠のくので、とっととやり取りを済ませます。

うん! これはなかなかいい。
まだまだ修行が出来てないので、その"感情"はまたすぐに沸いてきますけどね(;^_^A

でも、その時間をどんどん伸ばして行けたらと思っています。

  • entry398ツイート
  • Google+

PageTop