杏酒のタネを取り出し、あんずジャムを作った

IMG_0463.JPG7/2に仕込んだ杏酒。梅酒ほど長く漬けておいてはいけないようなので取り出してあんずジャムを作った。


参考にしたのは、クックパッドのレシピ。
しかし、初めて作るもの&一回のみのレシピを素人のレシピで作るのはちょっと危険でした(;^_^A

梅酒のジャムは、砂糖を150gぐらい入れた(推奨は200~800gだった)
150g以上はもう気持ち悪くて勝手に止めたのだった。
ちょっと仕上がりが固くなってしまったので砂糖の量が原因かと思っていたら、どうやら煮すぎると固くなるらしい。


で、今回参考にしたあんずジャムのレシピの砂糖は1kgに対して100g!

だけど・・・
梅ジャムの時とは逆に100gでも甘くならない。。。
しょうがないので味見をしながら200g近く入れた。
梅ジャムの時と反対。

梅ジャムは100g入れた時点で甘すぎると感じ、
あんずジャムは100g入れても全然甘く感じなかった。
まぁ、次からは100gを基準に自分の舌で増減しよう。

で、わからなかったのが

「柔らかくなったら、お湯を切り」

という所。
お湯を切る?
ひたひたの水で煮たのに、切るほど水はないぞ(・・?
レシピではその後、フードプロセッサーでつぶすとあったけどそんなモン我が家にはないので、すり鉢ですってざるで越すことで水切りを兼ねようと思ったのだが・・・

「越す」=「水を切る」

ではないわな・・・(;^_^A
ざるを越して溜まったものは「水」ではない。
とても滑らかで上質なジャム状態。
いつまでもこだわっててもしょうがないので、「水切り」にこだわるのはやめた。

あとでジャムの会社のレシピとか見てみたけど、「水切り」らしき説明は見当たらなかった。
なんだろ。水切り・・・。

そしてひたひたの水でアルコールを飛ばす時間は15分。
これは忠実に守った。

けれど・・・


越したジャムとレモン汁・砂糖を煮る時間は、3倍以上!
7~8分とあったけれど、やはり「水切り」していないせいなのか?
水分を飛ばすのに20分ぐらいかかった。

だけど、ジャム会社のレシピはそれぐらいの時間煮るように書いてあるから。

「水切り」できなければ「煮る」ことで代用できるのだろう。
多分・・・


そして、出来上がったあんずジャム。

メッチャ、美味しい\(^o^)/
梅ジャムの比じゃない。

ジャムの冷凍法が書いてあるサイトを見つけ、保存をした。

家で紅茶は飲まないのだけれど、このジャムだったら紅茶に入れたらおいしくなるかな?

  • entry407ツイート
  • Google+

PageTop