幸せの定義

こんなに色んな経験をしているのに、不思議と私は

「幸せになりたい」とか「私は不幸だ」とか。
「幸せにしてほしい」などとは、思ったことがない。
「あぁ~私は幸せ~」もない。


温泉入ったり、美味しいものを食べた時、「おはよう」や「おやすみ」のような決まり文句として言うことはあるけれど。

そもそも「幸せ」ってどういう状態なのか。
突き詰めて考えると私はどうなったら「幸せ」と思えるのか、考えてもよくわからない。「幸せ」がどういう事なのかピンと来ない。


不遇だとか、不運だとか、不満だとか。
そういう事はしょっちゅう思っているのに(笑)

それでも「不幸」だとは思わない。

「幸せにしてほしい」と思ったことがない代わりに、「幸せにしたい」と思ったこともない。
子どもに対して思うのは「幸せになってほしい」

自分の手で幸せをつかめるようになってほしい。
自分の力で幸せと感じるようになってほしい。
何が「幸せ」なのかは人それぞれ。
だから、人に幸せにしてもらえるわけがないし、人を幸せにするなんてことも本来は無理な事。

マツコの名言集にもありました!

「女の幸せの定義」なんてものはありません。もっといってしまえば、「幸せの定義」自体、存在しません

うん!ピンと来た!
何も考えず平穏無事でいる事が私の「幸せ」なのかもしれない。
カンタンな事だけど、意外と難しい。

いろいろ考えて、考えて悩み・・・
悩むと解決策がないと苦しんで・・・
だから私は、
「物思わざるは仏の稽古」

何も考えないでいられる強い心を持てた時が「幸せ」なのかも。
  • entry410ツイート
  • Google+

PageTop