咳と闘う

若いころは寒暖差アレルギーで季節の変わり目に誰よりも早く風邪をひき、本番の真冬にはあまり風邪はひかないタイプでした。

現在は、大人になってから喘息を発症してしまったため、風邪をひくと非常に厄介です。なのでなるべく発作が起きないようハウスダストやダニ対策には注意を払っているのですが、このところの気温の急激な変化でついに風邪をひいてしまい・・・(;_;)

私は正岡子規か?(笑)

とでも思わせるほどの痰や咳との闘いが続いています。


20代の頃に心臓の手術をしたときは、主治医は「痰は出てますか?」としょっちゅう聞いてくれたのですが、その頃は「痰」はじーさん(;^_^Aが出すものと思っていたので、まさか私がそんなものを出すようになるとは夢にも思っていませんでした。

月曜日位から体がだるいなぁと感じ、ついに水曜日には背中がゾクゾクするようになり、これはいかん!と思って薬を処方してもらい木曜日は一日寝ていましたが・・・


出してもらった風邪薬は「葛根湯」
もうすでに手遅れで全く効かず。
咳も痰も出まくり、咳が止まらないと眠ることもできず・・・


やっと今日、散らかし放題の部屋を「汚い!」と感じるようになり、這い上がって掃除をしました。

吸入薬は3か月ぐらいは続けなさいといつも言われるのですが、1本吸い終わる頃には咳も治まるし、吸入薬も高いので大抵1か月で止めてしまってました。

いいかげん、今度こそは3か月吸い続けようと思います。

  • entry413ツイート
  • Google+

PageTop