Cドライブの肥大化

もうずっと前からだけど、Cドライブが整理しても整理しても肥大化していく。パーテーションは3つに切っていて、Eドライブはdata専用で240GBぐらい。ソフトはFドライブで60GBぐらい。Cドライブは160GBもあるのに常に真っ赤っか。


当然ながらMyDocumentsやDesktopフォルダもEドライブに変更済み。
なのに一体何が増殖しているのか、フォルダを調べても原因がわからない。


1つわかったことは、apple関係。
itunesをインストールするとデフォのフォルダはCドライブから動かせないという事だった。ほとんどitunesは使う事はないのだけれどそれでもicloudを使っている以上、Cドライブは使用されている。


でも160GBもあるからそれだけが原因とはとても思えない。

やっと涼しくなって来たので、Diskinfo というフリーソフトを使って解析してみたところ、

C:\Windows\Installer というフォルダが約25GBも占領していたことが判明。このフォルダをググるととても危険なフォルダらしく、安易に削除してはいけないという事が分かった。


「隠しフォルダ」を表示するにしてもこのフォルダは見えない。
DisfInfo というソフトでで解析したおかげで見えてきたフォルダ。
作成日時を並べ替えしてみたら、一番古いのは2003年6月19日でした。
作成日時が全く同じで、サイズも全く同じファイルを古いものから削除して行く方法を紹介しているサイトもありました。

しかし、このフォルダが肥大化しないような対策法はないものだろうか?
Eドライブが有り余っているから、パーテーションを切りなおすという手もあるけれど。。。
原因がわかった以上、一番知りたいのは対策法。


どうしようかなぁ。。。
今、Cドライブは15GBです。

とりあえず、記録しといてPC買い替えても良い覚悟が出来た時にやってみようと思います(^^;

  • entry560ツイート
  • Google+

PageTop