映画を2本見た

お腹の不調が続いているので、本当は今日は掃除をしたかったけれど身体が重くて動けず、一日中ぐ~たらして映画を2本見ました。


朝:なし
昼:昨日のうどんすきの出汁でおじや
夜:湯豆腐

消費期限切れの正露丸。


久々に録画しておいた「魔女の宅急便」を見ました。
アニメはあまり好きではないけれど、

「魔女の宅急便」「トトロ」「おもひでぽろぽろ」の3作品は見れます。

特に今回の「魔女の宅急便」は久々にじっくり見てしまいました。
その前に大好きなトム・クルーズの「バニラ・スカイ」も見ました。


「バニラ・スカイ」の感想は前回とほぼ変わらず。


でも「魔女の宅急便」は子どもたちが小さい時に一緒に見てた時とは随分感じが違ってびっくりしました。

空を飛べなくなったキキが絵描きの女の子との会話するシーンは印象的でした。あんなに深い話だったなんて・・・


キキ:そんな時どうするの?
ージタバタするしかないよ。そして描いて描いて描きまくる

キキ:それでも描けなかったら?
ー描くのをやめる。散歩したり、昼寝したり、何もしない。
そしたらいつかまた突然描きたくなるから

みたいな内容だったと思います。
スランプに陥ったり、落ち込んだ時。どうやって立ち上がるのか。
次男も「いやぁ~小さい時、見た時とは全然違うわ。こんな映画だったんだ」って感激してたけど、やっぱりこの部分じゃなかったのかな・・・


大人になって色んな挫折を経験して初めてこの二人の会話が身に染みて来たのだと思う。

うん、いい映画だった。

  • entry622ツイート
  • Google+

PageTop