「劇場」を完読し、美容院へ

図書館本。予約していたのがやっと順番が回ってきた。
前作「火花」はイマイチよくわからなかったし、主役が又吉に見えて仕方がなかった。あまり楽しめず。

今回も最初はなかなか入り込めず、主人公がやはり又吉に見えてしまうのも同じなので完読できるか心配だった。
けれど最後の方は切なくて泣けて来た。でも又吉の文体はもういいかな(^^;) 読みにくい。

「あきない世傳」も読むのに時間がかかったけど、この本もたった200ページぐらいなのに結構時間がかかった。そこへ行くと東野圭吾は400ページぐらいあってもあっという間に読めてしまう。
やっぱ天才だわ、東野さんは。

次の予約本も届いたようなので返却しがてら、カルディのポテトチップスを買いがてら、取りにいかねば。

「「劇場」を完読し、美容院へ」続きを読む

  • entry643ツイート
  • Google+