授業の下準備

風邪は市販の薬だけではなかなか完治しません。
今日はテニスのレッスンに行きたかったけど断念しました。
胃腸には絶対的な自信があったのに、最近ではちょっとしたことでお腹を壊すようになったし、全体的に体の機能が衰えて来てるんだと感じるので無理はしないことにしました。

今日を逃すと8月末までレッスンはないのでとても行きたかったのですが、仕方ありません。

ずっと横になっていると元気になった気がしてこうしてPCに向かっています。
さっきまで留学生応用クラスの教材を作ってました。

大学では統括する派遣会社で全部授業で使うものは用意してくれるし、成績も基準があって自分たちで決めることはないのですが。

「学校」と名が付くところは下準備も仕事の内。
試験の問題も作るし、採点もするし、成績の基準も講師にまかされます。
でも学生がつまづく所や、アドバイスすべき所なども実際に自分で作って見ないとわからないからいいんですけどね。

留学生の初級クラスは小学生みたいな感じなので、特に下準備しなくても授業内でなんとか治まりますが、留学生の応用クラスはそういうわけにはいきません。


へたな日本人の大学生よりも勉学意識が高いので前もって準備しておかないと大変な事になります。


でも3級受験までは問題文に「ルビ」を振ってあげないといけないのでこのルビ入りの問題を作るのが意外と時間がかかります。

過去問題としてネットにPDFにあげてあるのでDLしてwordに取り込もうと思ったら、画像をPDFにしてあるだけなので、wordに変換できません(;_;)

仕方なく自分で一から作り、ルビを振って学校で印刷して配ります。
秋には前期のテストがあり、これにも全部ルビを振ります。

ルビを振ったword文書は何が大変かって、ページ設定が狂って来たり、均等割り付けが効かなかったり(ルビ機能ですでに均等割り付けが使ってある為)すること。

この微妙なズレの調整に時間がかかります。


でも、留学生ってほんと一生懸命授業を受けてくれるのでやりがいがあるので苦にはなりません。

初級クラスはこの1年で3級合格。
応用クラスは2級&1級合格を目指しています。

ガンバっ!

PageTop