緑内障とお薬手帳アプリ

そろそろ半年すぎたので2回目の視野検査と画像を撮ってもらいました。
緑内障は自覚症状が出たときはもう末期。欠けた視野が元に戻ることはなく現状を維持していくしかないので、早期発見・早期治療が大事。

という事で目薬を処方してもらいました。
副作用がないかみたいのでとりあえずは1本。
1,020円。「お薬手帳」は家にあると言ったのですが、、、

調剤技術料51点+薬学管理料53点が付いていました(;_;)

これから半永久的に処方してもらうのでお薬手帳は必須です。
でも、つい忘れてしまうので「お薬手帳アプリ」を持つことにしました。
「チリツモ」です。

それにしても「タプロス」と書いてある目薬を棚からとって渡すだけで、調剤技術・・・51点・・・
私でも取れるけど・・・
セルフにならんかしら?(笑)

ま、それは無理としても53点分は節約しないとね。

「緑内障とお薬手帳アプリ」続きを読む

  • entry708ツイート
  • Google+