WindowsPCとiPhoneで使えるUSBをGETした

これはiPhone ユーザーにとってなくてはならないガジェットではないだろうか。

私はスマホは一回だけ64GBを買ったことがあるが、大抵16GBか32GBにしている。

もちろん、経済的事情も大いに関係しているけれど。
工夫すればなんとかなる事に無駄なお金を使いたくないというドケチ精神が根幹にあるから。

iPhone なんてその最たるもの。容量を大きくすればぐんと価格は高騰する。32GB増量タイプのiPhone にしたら、数万円のアップとなる。
でも、このUSBがあればたったの2,500円で1円のお釣りがくる!
足りなくなればicloudを有料で使わせようとする策略にも乗りたくない。

このUSBはなんとWindowsPcと、iPhoneに直接挿して使うことができるのだ\(^o^)/


これで安心してこれからもiPhone は一番容量の低いものを買える(笑)


因みにMACとiPhone の組み合わせであれば、Airdropを使ってスムーズに転送ができるので余りこのUSBのありがたみは薄いかもしれない。

私はiPad miniとiPhone 7のやりとりは、Airdropを使っていて便利なことこの上ない。

iPhone 7で読んでいたサイトを大きな画面で読みたいと思ったらiPad miniへAirdorpで転送。
買い物もiPad miniの方が見やすいから、iPhone 7で目についたらiPad miniへ転送。
普段はニュースサイトはiPad miniで読んでいるけど、アプリをDLしたくなったら、iPhone 7だと指紋認証でパスワード入れなくていいから、Airdropで転送してiPhone 7でDL。。。みたいな。
しょっちゅう転送している。

最近、「Airdrop痴漢」なるものが流行っているようだが、私は設定を「連絡先のみ」にしているからこの「Airdrop痴漢」に遭いたくても遭えない(;^_^Aコラコラ

その代わり、次男のiPhone にはこのAirdropを使って勝手にいろんなファイルやURLを送るのでいつも怒られる(笑)でも、たのしい。


最近、Googlephotoの仕様が変更になってからどうも調子が悪い。
iPhone 7で撮った写真は自動アップロードの設定をしていて、PCからGooglePhotoを開けば見られていたのだけれど。


Googlephoto Backupを起動するたびにログインを求められる。
(常駐させておけば割愛されるのだろうけど、重くなるので常駐はさせたくない)
で、2段階認証画面でちゃんとiPhone 7の画面で「はい」をタップして認証しているのに、PCでは

「端末を確認してください」

のまま。
因みに、他のサービスではちゃんと認証される。
iPad miniとiPhone 7同士ならOK。


このGooglePhoto BackupだけがPCで認証されない。
SMSでもダメ。
なんとかGoogle認証アプリの「Authenticator」のみ認証される。
そして、このPCからは次からは省略するを選んでも毎回、認証を求められる。もう、わけわからないし、めんどくさくて仕方ない。

よっぽどOneDriveに乗り換えようかと思ってた矢先に、このUSBの発売!

もうGooglePhotoをメインで使うのはやめよう。

そもそも、レンタルサービスはいつ廃止されるかわからない。
Googleなんて、使う人が少なくなるととっととサービス内容を変更したり廃止したりというのが日常茶飯事。
Google +ももう辞めるってさ( 一一)


やっぱり、ローカルで保存しておくことも大事。

PageTop