覚書

3/9 卒業式&謝恩会

3/10 誕生日

3/21 風邪? 市販薬を飲む

3/22 懇親会 体調不良でドタキャン 白い痰

3/23 美容院

3/24-3/29 咳だけが続くので喘息の薬を飲むが、一向に治らない。
経験したことのないだるさ・疲れが続き、歩いただけで息切れ・動悸がし、食欲が全くない。家では殆ど寝ていた。熱はない。

3/30 長男結婚で両家初顔合わせの為、和歌山へ。階段が一気に登れない。
大好きな「かにすき」だったが、これまた食べられない。
大雨の為、和歌山見物は諦め、一旦ホテルへ。死んだように眠り続ける。

3/31 長男と二人で大阪見物。この日もエラくてよく覚えていない。
歩くのがやっと。

4/2 勤務先の内科で先生に症状を訴えると・・・

レントゲン・心電図・採血・酸素・・・の結果。
「肺炎」と診断される。通常、ウィルス性の肺炎であれば片方だけが白くなるらしいのだが、私の場合は両方、真っ白で特殊な肺炎らしいと。
CRP値は「20」もあり、酸素も90ないので緊急を要すると急いで紹介状を書いてもらい、八事日赤へ。

「好酸球性肺炎」または、「間質性肺炎」の疑いありということで、胃カメラも飲んだことない私が、肺にカメラを入れる「気管支鏡検査」を受けることになった。

<<<続く>>>

PageTop