Dynabookの壊れたHDDをSSDへ換装

DynabookはHDDが完全に壊れ、Windowsが全く立ち上がらない状態になっていました。

こちらは大事なデータはないので、クリーンインストールで構いません。
一度、Windows10への無償アップグレード期間中にアップグレードをしているので、今でも無償でアップデートできる条件に当てはまります。

Windows10のダウンロード から

「このツールを利用して、別のPCにWindows10をインストールする」を選びUSBにツールとWindows10のISOファイルをダウンロードしました。

64ビットと32ビット用、もしくは両方を選べるようになっていたので、「両方」にしました。

ツールを起動すると、

「このPCに最適な・・・」

というところにチェックがついているので、32ビットのDELL-PCでダウンロードしようとしていたので、そのチェックを外さないと「64ビット用」はダウンロードできなくなっていました。

*余談ですが、PCを触っていてうまく行かないときってこういうちょっとして事なんですよね。。。


ダウンロードが無事終わり、USBをDynabookへ。。。

しかし、「ファイルがない! 何か入れろ! そしてENTERを押せ!」と英語の苦手な私に怒って来ます。
なるほど、起動ドライブの優先順位をUSBにしないといけないんだよね。
ちゃんとわかってるさ!
そんな挑発には乗らないぜ!(笑)


しかし、そんなこと初心者だとなかなか気づかないですよね。。。
Windows95辺りから使ってる人だと、FDを入れたまま電源入れると起動しなかった記憶があるかもしれません。
あの頃は何もしなくてもFDが起動優先順位は1番になってたんですけどね。。。だからBIOSなんて弄る必要はなかったのだけれど。
今はFDを知らない世代もいたり。


PCにもよりますが、私のDynabookは電源入れて、F2を連打するとBIOSの設定画面が出てきて、起動するときの優先ドライブを設定することができます。
慌てず騒がず、USBを1番、HDD/SSDを2番にしました。


そしてUSBをセットして無事、ツールが起動してきました(^^)v


しかし!!

Windows10のインストールのところに来ると、どこにインストールするの?と聞いてくるのですが、対象となるドライブが全く出て来ないのです。


(・・?

ドライバーをインストールする場合は、、、とかあるけれど、ドライバーが必要? SSDの?? でもSSDの説明書にはドライバーが必要なんて一言も書いてないし、、、


嫌いなマニュアルをよ~く読んでみても当てはまるのは、、、

「SSDを認識しない場合は、もう一度取り付けしなおす」


ぐらいしかありません。
仕方ないので親切に用意された動画を見て取り付け方をちゃんと見て、取り付けなおそうとしたら、、、


なんということでしょう!!


SSDがコネクタにちゃんと嵌まってなかった!!(爆)
なんという初歩的なミス・・・

動画通りに電気を放出するとこまでやって再度挑戦したところ。。。

\(^o^)/

SSDを無事認識しました\(^o^)/
SSDが認識されたので、あとはデスクトップの時と一緒で無事にWindows10にアップデートできました。

でも、不思議なのがライセンス問題。。。

DELLは同じHDDですし、Windows7が使えてたからライセンス認証ができたのはわかるのですが、Dynabookの方はHDDを取り外しちゃってます。


なのに、ライセンス認証してくれました。


不思議です。。。
どこかに記憶されてたんでしょうか?
HDD取り外したのに。。。


まぁ、とにかく両方とも無事Windows10にアップデートできて、PCがとても軽快になりました。
特にDynabookなんて、SSDだからもうメチャメチャ早いです(^^♪

よく、SSD特集の記事とか読むと、PCを新しく買うと数万円要りますが、SSD換装だと数千円で済みます!!


なんて書いてあるけど。
このDELL-PCもそろそろ5年ぐらい経つので、買い替えを考えていたのですが、SSDを外付けにしてやってみようかなぁ。。。

このSSDは、240GBで4,000円弱だったけど、DELLなら480GBにしようかな。


やるとすれば多分、2020年1月。Windows7のサポートが終了する前の冬休みぐらいかな。

  • entry792ツイート
  • Google+

PageTop